2008年10月28日

メッセージボックスの簡単な使い方

メッセージボックスでOkボタンとキャンセルボタンで動作を分岐してみましょう。
基本的には
MessageBox.Show("メッセージボックスで表示するコメント","メッセージボックスの名前","メッセージボックスの種類")となります。


以下のサブルーチンは

Formの×を押して、クローズしようとしたときにメッセージボックスが、終了しますか?と聞いて


OKだったら

終了


Cancelだったら終了しないという簡単なものです。



 Private Sub 終了_Click(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles MyBase.FormClosing
'MyBase.FormClosingで、×ボタンを押すイベントでこのサブルーチンが起動します


        If (MessageBox.Show("終了しますか", "testmsg", MessageBoxButtons.OKCancel)) = Windows.Forms.DialogResult.OK Then
        'メッセージボックスに「終了しますか」と表示してそのメッセージボックスの上に testmsgと表示されますとともに、OKとキャンセルボタンを表示します。


            End
            'OKが押されたときにだけEnd プログラムの実行を終了します


        End If

    End Sub



これは終了するという簡単な動作だけですが


この


End


を変更すれば


メッセージボックスを出して動作を選択して

そこからまた



次の動作に移ることができます。

posted by kiyo at 21:01| メッセージボックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。